忍者ブログ
carmel7が気まぐれに好きなことを書くスペースです。
Admin / Write / Res
<< 08   2017/09   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     10 >>
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

散々街歩きをしたので、少々お疲れ気味ではありましたが、ケアンズで唯一ゆっくりディナーが出来る日だったので、念願のシーフードを食べることにしました^^ ここカーニーズさんはガイドブックに必ず掲載されているお店なので日本語のメニューも完璧だし安心料込みの価格設定かな(笑)。 基本的には全てが大味。 ボリュームにこそ感激したけれど、二度はいいかな~っ^^; 日本の海産物の味とか食感とかを思い出さずにはいられなかったですわ(笑)。 取り合えず、カニよりも断然エビの方がおいしかったですよ。 うん、ケアンズの海老は間違いなく美味しいです! そうだ! デザートに果物がついてるんですね。 イゲちゃんは「外国の果物なんてこんなものよ」と食べていましたが、パパイヤとかあり得ない位まずくて最悪でした。 この旅で唯一不味いものだったわ、あのパパイヤ(怒)。
283e3bc2.jpegs-P9120254.jpg
0fc5f256.jpegde11a8bc.jpeg
美味しかったのはオーストラリアワイン。 私は白が好みなのでグラスワインを1杯だけ頂きました。 イゲちゃんはワインの代わりにカニのスープをチョイス。 あまりにもハイペースで口に運ぶので「ゆっくり飲んでも良いのに・・・」と言ったら、「早く飲まないと冷めちゃうから!」だって^^; なんか私まで焦ってワインをがぶがぶ飲みそうになっちゃったよ(笑)。

この後はナイトマーケットを散策してホテルに戻りました。
日曜日の夜、かなり遅い時間なのにホテル前の公園ではダンスパフォーマンス大会が繰り広げられてました。 親子でダンス♪ 若い女性グループでダンス♪ かなり太ったオジサマ達がダンス♪ と種類も年齢もバラバラなのですが、観客も出演者だったりご家族だったりだったようでアットホームでいい感じでした。 私が気に入ったのはマイケルジャクソンのスリラーのパフォーマンス。 凄い完成度だったんですよ^^
c8d92498.jpeg397c1693.jpeg

数組のパフォーマンスを見てからホテルに戻り、お風呂に入って寝ました。
翌日はタリー川の1日ラフティングツアーに参加のため、6時40分にピックアップだったんです。 早く寝て早く起きなくては^^ という訳で12時過ぎには夢の中でした。 オーストラリアのホテルのベッドは大きくてスプリングも良くて寝やすいんです^^ 日本のホテルも全部こうなればいいのに~ 

拍手

PR
12時の船に乗ってぴったり45分でケアンズに戻ってきました。
グリーン島での2泊3日は最高に楽しかったです。 ありがとうグリーン島
またすぐにでも行きたいデス
s-P9120225.jpgs-P9120230.jpg

ケアンズでの宿泊先はリーフターミナルから徒歩1分のパシフィックインターナショナルホテルでした。 街中を歩くにはホテルの立地条件って重要ですよね。 そういう意味ではこのホテルは完璧でした^^ ちょっと古いホテルだけど清潔だし冷蔵庫も大きかったしで大満足^^ 一応オーシャンビューだったしね(笑)。
16bff132.jpegc06831e1.jpeg
c03642df.jpegs-P9120232.jpg
部屋からカジノが見えるんです。 
夜は照明が綺麗で「街だよ~ 街に戻ってきた♪」と何気にテンションが上がる私(笑)。

さて街歩き。 しかしながら日曜日のケアンズの街は16時くらいでお店が閉まってしまうんです。 そういうことを全く知らなかったので楽しみにしていたショッピングモールチェックは叶わず(涙)。 それでも観光地らしくお土産もの屋さんは遅くまで開店していてくれたので安心してお買い物が出来ました。 オプションをバンバン入れちゃったのでこの日を逃すと買い物が出来ないのです。 焦って色んなものを買っちゃいました^^ 自分用のお土産も勿論買いました。 これは後でUPしますね。 可愛いブーツ買ってきちゃった^^
s-P9120250.jpg53745c8d.jpeg
48450f74.jpeg48a0c939.jpeg
スーパー(ウールワース)で水分や朝ごはん用の食料品&お土産用のTIMTAM他大量購入。 ランチはその通りの向こうにある中華料理店でチャーハンと焼きそばと春巻きを食べました。 味付けが外国で食べる中華料理でしたね。 日本でも香港でも上海でもない味付けでしたが、使っているお米がタイ米みたいな長細いお米じゃなくて、日本のお米っぽかったんです^^ それもあって美味く感じました^^

s-P9120237.jpg
ケアンズは車も少ないのであんまり信号がありませんし、信号のルールをあんまり守ってない。
8d78c5c4.jpeg
ってゆーか、最後まで理解しきれなかったっす、私(笑)。





拍手

☆9月12日(日)
グリーン島最終日です。 朝起きて簡単にパッキングをして、7時くらいからは最後のシュノーケルをしようと海に入りました。 朝の海は穏やかで静か。 こんな時間でもさほど寒さを感じさせない南国の海でした。 二日間でお魚さんのいるポイントを熟知した我々は珊瑚礁のある場所を選んでガンガン進みます。 でもお魚さん達は朝は寝ているんですね(笑)。 日中船の停泊する桟橋辺りをシュノーケルしたら、桟橋の下は真下はお魚さん達の巣だったようで、気持ち悪い数の魚が同じ方向を向いて並んで漂ってました。 余りの数に恐怖を感じ、イゲちゃんと逃げるようにその場を去りました。 結局30分くらい誰もいない海をシュノーケルして、力尽きた私は海から出て少し高い位置から眺めているとカメがまたスイスイと泳いでいるんです。 バシャバシャと泳いでいるイゲちゃんに知らせたら、もの凄い勢いで追いかけてカメさんと最後の海を堪能できたようです。 よかったね^^ 海のあとはホテルのプールでひと泳ぎ。 小さいんだけど、深くてちょっと恐かったな。

10時のチェックアウトに合わせて部屋を出て、12時の船まで時間があるのでワニ園に行ってきました。 これでグリーン島にある全ての施設を制覇したと思う(笑)。 
s-P9110112.jpgs-P9120191.jpg
68d67ec9.jpeg49ae5c2c.jpeg
94f32b9e.jpege7e51f97.jpeg
ワニ園のワニは朝寝坊なのかぐったりしてました^^; 
左下の写真みてください! 手が反ってるんだけどわかりますか? 
写真をクリックして大きくすればわかりやすいかも・・・かばいい(笑)。

ワニの餌付けショーも見てきました。 
トサカも足も毛まで付いたままのニワトリの肉片がエサなのですが、ガバっと飛び上がって食べる姿に恐怖を感じました。 でも取り損ねちゃって失敗しちゃう姿はちょっと恥ずかしそうでナカナカ可愛かったよ^^;

最後に子ワニを触らせてもらったの。 ちょっと硬めでツルツルウロコっぽいんだけど、立派な鰐皮だったよ(爆)。
さあ、グリーン島を出発だ!

拍手

今回の旅のテーマは「したことのないことをやってみようだったので、人生初のダイビングを体験してきました。 ホテルのチェックイン時に予約したので138ドル(11,000円位)。高いのか安いのか、さっぱりわかりませんが「とにかくやるのだ!」の気合のみです(笑)。

9時30分からの日本語の説明会に参加し、同意書にサインをすると返金は利かなくなります^^ 道具の使い方や息継ぎ、アクション(OKとかダメですとかのね)の説明を受けました。 「兎に角、息をするのを忘れないで! 息を止めちゃダメですよ」と何度も言われたんです。 最後に「質問はありませんか?」と言われたので「あの・・・耳抜きする時には息を止めないと出来ないんですけど・・・」と言ったら爆笑されちゃいました。 だって・・・知らないんだもん、仕方ないじゃん

11時30分発の船に乗りアウターリーフのポンツーン(浮船)へ60分の船旅です。 ケアンズからグリーン島までの揺れは子供だまし。 外洋に向かう船の揺れっぷりったらなかったですね。 たて揺れがすごくて、そのリズムを掴むまでにはちょっと苦労をしました。 で、慣れた頃にはノーマン・リーフのポンツーンへ到着^^;

私は第一グループだったのですぐに体験ダイビングの準備に入ります。 日焼けとクラゲ対策の為に全身タイツのモジモジくん姿に変身。 その後ボンベを担がされフィンを履いて船の真下にある場所で簡単なレッスンに入ります。 もうね~緊張で吐きそうでした(笑)。 ちゃんと言われたとおりに息をするんだけど、するたびにザーザーザーともの凄い音が聞こえるし、半端ない不安感にさいなまれてマウスピースをすぐに離しちゃいます。 「もう無理かも」「でもお金勿体無いし」「”体験”ダイビングさえ出来ないなんて根性なさすぎ! 恥ずかしいだろう~」「こんな恐がりじゃダメだ」と自分の中でもの凄い葛藤がありました(笑)。 しかし私の葛藤を他所に講習はサクサクと進み「ハイ! では潜りま~す」と海の中に潜ることになります。 「最後に質問はありませんか?」と聞かれたので「スミマン、喉が渇くんですけど~」と質問したらここでも笑われて「あ~乾いた空気を吸ってるからどうしてもそうなるんですよね^^ 大丈夫です。 つば飲んでください^^ ハイ行きます!」とブクブクブク・・・と海の中へ(笑)。

パニック寸前のまま教えられたとおり綱をつたって息継ぎをしながら1メートル沈む毎に耳抜きをしてあっと言う間にエメラルドグリーンの海の中へ・・・・ OH!!!!! 魚がいっぱいいるよ~~~~感動です。 ありえない世界が広がってます。 綱のなくなる深さまで行くとインストラクターに腕を取られ、泳ぎながら水深12メートルまで潜っていくのですが・・・・


海って青くないの????


最初の数メートルくらいまではそれこそ青くてもの凄く綺麗で、「これぞグレートバリアリーフだよ」と涙が出そうなくらいの綺麗な碧い海に感動していたんですけど、その先は普通に透明なんですね。 いや~もの凄くクリアな世界が広がってまして、華やかな色彩のお魚ちゃん達や珊瑚ちゃんなんかがハッキリと見える。 そう、確かに素晴らしいものを見られたんですけど・・・・・

海って青くないの????

なんだか無知そのもので恥ずかしいんですけど、海の中が青くないってことがショック過ぎて気絶しそうになりました(爆)。 それこそあまりにも不自然な位に綺麗なものがあり過ぎて段々と”ちょっと広い水族館”にしか感じられなくなってしまったんです(笑)。 「こんなに苦労して海に潜ったのに水の色が無色透明だったなんて・・・ガーンガーンガーン(涙)」。 感動そのものの瞬間の筈なのに、呼吸をしたり、たまった水を抜いたり、耳抜きすることに注意を払っていたりとバタバタと忙しいし、その上カメラマンがきて撮影を始めるので訳がわからないうちにポーズ撮らされたりして兎に角初めてだから落ち着いて楽しむ暇もなく・・・・で船に戻る時間になったのでスイスイと戻ってみると「あれ? こんなに近いトコをぐるぐるしてたの?」ってくらいの狭い空間で潜っていたようです。 全部で30分位は潜っていたようなのですがあっという間でした。 
私は下に潜るよりも上に戻ってくるほうが圧に耐えられなくてダメージ受けてましたね。 ロープにつかまって拳3つ分をあがると耳抜きするんですけど段々気分が悪くなってぐったりしてきちゃいました。 普段、海からあがっただけでぐったりなのにボンベを担いでいるから重労働そのもの。 ベンチに腰を掛けた時に足元のボンベに足をぶつけて血が出ちゃうしでヘトヘトでした。

大変体験ダイビングを終了し、イゲちゃんと合流しランチを頂きました。 めっちゃ日本っぽいルーのカレーとかエスニック風の煮物。 海老がプリプリで美味しかったな。 フルーツもそれなりに甘いしちょっと元気も出てきたのでパクパクと食べました。 その後海の中に入ってシュノーケリングをするために階段を降りてフィンを付け、準備をしていたらナポレオンフィッシュとか巨大な魚がわらわら足元にやってきて魚を撫でてみたりひとしきり遊んでみました^^ 今回の旅は生き物にやたらと好かれてたみたいです、私^^; でもって早速シュノーケリングを始めたらもの凄い波で思うとおりに進まない。 その上段々と気持ちが悪くなっちゃって、それこそ今食べたランチを吐き出しそうになっちゃったので諦めて船に戻って大人しくしてました。 イゲちゃんごめんね。 ポンツーンは浮き船なのでそれなりに揺れるんですよね。 なのでちゃんと歩きたくてもヨレヨレしちゃう。故に更にダメージが

ab5662af.jpeg9bf411a9.jpeg
6f441e59.jpegf982c58b.jpeg
61f6691b.jpegs-P9110145.jpg
s-P9110139.jpgs-P9110141.jpg
3時間半のポンツーン滞在後はグリーン島に戻ります。 出発前に全員座席に着くように指示され、何度も人数を確認していました。 ポンツーンにはスタッフが順番に寝泊りしているので乗り損ねちゃって大丈夫じゃない? とか一瞬思ったんですけど、お客様がひとりでも足りないなんてことになったらそれこそ大変ですものね。 人数確認が済んだら出発です。 さよならグレートバリアリーフ

帰りは船のたて揺れにも慣れたし、ポンツーンで撮影した写真の販売があったので、その写真を選んでいたりしたのでナカナカ忙しく、1時間はあっというまでした。 選んだ写真はちょっと面白いものだったので、1枚1600円位とちょっと高いですけど年賀状も使えそうなユニークな画なので良い買い物だったと思ってます^^

そうそう、サービスで飲み物とクラッカーとチーズを貰ったのですがもの凄くチーズが美味しかったんです。 疲れているせいなのかオーストラリアの乳製品が素晴らしいのかわかりませんが久々ヒットのチーズでした^^ 

16時位にグリーン島に到着。 ダイビングのインストラクターを務めてくれたユキさんともバイバイしました。 ユキさんにお礼を伝えると「ダイビングは楽しいので日本でも海外でもまたやってみてくださいね^^」と言われたのですが・・・どうかなぁ(コラっ)。

ホテルに戻ってシャワーを浴びて少しゆっくりしてまた魚の餌付けショーを見て夕日をみながらシャンパン飲んでお部屋で夕食とってナイトツアーに参加して寝ました。 
リゾートではすることがないことがいいですよね。 思えば仕事のことも日中は少しも思い出さなかったし、メールとかチェックしたいとかも思わないし、日本のニュースも気にならない。 ああ、正にリフレッシュ休暇だ 

この夜はね、兎に角心心と体がね、ふわふわとしたダイビングをした時の感覚を何度も何度も何度もね、思い出させたんですよね。 ダイビングって、海の中ってホント強烈だったな



拍手

☆9月11日(土)
ツーリストの朝は早い。 というかイゲちゃんも私もサラリーマンなので朝は全然OK! 短い滞在期間なのだから1秒たりとも無駄には出来ません(嘘)。 

グリーン島は一周30分程度で散策できる小さな島です。 朝ごはんを食べた後、観光客の到着するまでのちょっとした静かな時間にお散歩にでかけました。 前夜のナイトツアーで教わったマメ知識がかなり役立ち、自然ひとつひとつに目がいくし感動を覚えました^^
28730f48.jpeg3a45122d.jpeg
66a482aa.jpegs-P9110107.jpg
s-P9110110.jpgafec6880.jpeg
57d9609e.jpeg488f6c54.jpeg
ホテルを出て1分くらいで海に到着。 
足跡のない砂浜を歩くのは実に気分が良い^^

4ecc75d1.jpeg7e519486.jpeg
緑も多く目にも優しい^^ 歩くだけで癒されます。 
波の音と鳥の鳴き声が途切れることがなく”超自然”を感じました。

55ed77cd.jpegbe1122e0.jpeg
緑があれば動物達も・・・何種類もの渡り鳥らしき鳥さん達もみれましたよ。 
あ・・こちらは飛ぶことを放置した鳥さんデス。

s-P9110128.jpg
太陽が昇ると俄然海の色が綺麗になりますね。 
旅行3日目のこの日は外洋でのダイビング初体験だったんだわ^^

そうそう、普通は時計回りに散策するように案内板が出ていたのですが、いつでもマイノリティな我々はホテル内を散策し、そのまま外に出ちゃったので反時計回りしちゃってました。 なのでグリーン島の歴史とかのボードも新しい情報から歴史を遡っちゃう事になってしまった・・・ダメだね^^;


拍手

毎晩夜9時から、スタッフさんが懐中電灯を手にグリーン島のナイトツアーを開催してくれています。 2泊した2晩共に参加したのですが、自然相手なので見られるものが微妙に違って楽しかったですよ。 

オーストラリアに来て思ったのが「虫が少ない」ことです。 蚊に刺されるとかヘンな虫が飛んでるとかいうことが殆どなかったですね。 でもフロントにはヤモリがいたのでそれなりにはいるんだろうけどね^^
夜なので写真は殆ど撮れなかったんですけど雰囲気だけ・・・
7290d57a.jpeg942fb0b7.jpeg
s-P9100080.jpgf3828e47.jpeg
キツネの顔をしたこうもりもいました。 ギャーギャーとうるさいのは何の泣き声かと思っていたらコウモリだったのね(笑)。 森の中ではグリーンアンツがいました。 緑のアリは噛むとライムの味がするそうです^^; 私は日中そのアリにかじられたんですけど・・・もの凄く痛かったぞ(怒)。 海に出るとカメがいました。 それからカニもいましたよ。 この左下の写真はイゲちゃん会心の作。 生け捕りされたカニさんです(パチパチ)。 あ、これはすぐに離して砂の中に消えてゆきましたのでご安心を・・・。 オーストラリアの自然は壊してませんよ(笑)。
このツアーは英語での開催なので、実は説明されてても内容はさっぱりわからなかったんです。 でもイゲちゃんがところどころ通訳をしてくれたので雰囲気だけは伝わりました。 やっぱり英語は出来ないとこういうときにもの凄く勿体無いなぁと実感するんだよね。

ツアーの最後は桟橋に戻り、エイみたいなのやカメやらサメやら大きめの魚や星を見て解散です。 初日は新月で月がないから星が降ってくるような錯覚を起こすくらいの星空を見て・・・夜は暗くて当たり前で、だから星も綺麗なんだよねとかそんなこと思ってました。 星が余りにも綺麗だからしばらくの間地べたに寝転んで流れ星を見てましたね。 東京は明るくて星が見えないものね。 それから日本でも見られるのかな? 私の星座であるてんびん座とかを見てうっとりしてました。 

今回の旅行で「絶対に見るぞ」と決めていたサザンクロス(南十字星)はこの時間ではかなり下の方(地平線の近く)にあるらしくて見つけられなかったんです。 それでもジュピターとかビーナスとか見て「綺麗だね」「凄いね」ってもう少し言い様がないのかよ(笑)って思うくらいの表現力の乏しさでしたが胸の中にはもの凄い感動が広がっていたんですよ。 「あ~この星空を見せてあげたいな」って、大切な人たちの顔が浮かんだんだよね^^ ここにきてくれている方の殆どの顔は浮かんだよ^^ みんないつもありがとうね



腹ごなしも兼ねたナイトツアーからお部屋に戻ると10時くらいにはなってましたね。 順番にお風呂に入り、そろそろ寝ましょう・・・とベッドに潜り込みました。 前夜が飛行機の中で1時間くらいしかきちんと寝ていなかったのに海に入ったり一日中アクティブに動いたせいで一瞬の間に落ちてしまった。 日焼けしたお肌のケアにとフェイスマスクしてたのですが・・・夜中に起きたらクタクタになったアイマスクの残骸がありましたわ(笑)。

拍手

オーストラリア初日の長い一日が終わり、ホテルの中にある唯一のレストランでの夕食です。 正直、ちょっと高めなんですよね、ホテル価格なので(笑)。 勤続20年のお祝いも兼ねてのディナーなのですが、コースを食べるほど気力も体力も残っていないので前菜とメインとパンとお野菜を頼みました。 それでも5000円分くらいにはなっちゃうのかな。 頑張って食べたんだけど量が多くて食べきれず、結局残してお持ち帰りにして朝ごはんにもしちゃいました(笑)。
03063217.jpegf0cca31f.jpeg
bd79bca9.jpega88b2a83.jpeg
ff69c9a2.jpegs-P9100078.jpg
私は左の写真をチョイス。 ガスパチョと鴨をローストしたもの。 美味しかったやっぱりどう考えても量が多いんだよね~。 イゲちゃんはホタテメインの前菜とビーフをメイン料理に選んでました。 付け合せのポテトがしょっぱかったらしい(笑)。 日本やアメリカだとパンってお料理に付いてますよね? オーストラリアではパンは別料金みたいですね。 頼んだら「お金かかりますけど良いですか?」って聞かれました。 うん、払うから持ってきてよ(笑)。 写真は撮りませんでしたが付け合せのボイルした野菜がもの凄い量で大笑いしちゃいました。 でも旅行中にこんなにたくさんの野菜を摂取する機会って少ないだろうからと必死に食べましたわ(笑)。 冷えた身体には温野菜が良かったみたい。 なんだか俄然元気になったもの^^

翌日(グリーン島最後)のディナーはポンツーンでの体験ダイビングをしてくたびれ疲れ果てていたのでルームサービスにしちゃいました。 イゲちゃんがピザで私はパスタ(ボロネーゼ)を選びました。 もの凄い量だったんだけどはらぺこの私は「気持ち悪くなりそう」とか良いながらポツポツといつまでの食べ続け、結局全部食べちゃいました^^ 多分、パスタの分量は300グラムくらいはあったと思う(爆)。 イゲちゃんは可愛く半分位で限界を迎えてました。 まピザって飽きるから仕方ないよね。 いや、分量の問題か(微笑)。
be336590.jpege6e657bf.jpeg
1a627477.jpegd7559cb1.jpeg

う・・・やっぱり疲れましたオー出てる写真だな(笑)。
538145d2.jpeg  

 

拍手

観光客がケアンズに戻る16時の船が出ると宿泊者だけの贅沢な時間がスタートします。 人が殆どいなくなったビーチでひと泳ぎした後、お部屋に戻り着替えて17時からの魚の餌付けショーを見に行きました。 
74fdd9f9.jpegdd87564b.jpeg
152b0066.jpeg4d2c2005.jpeg
先ずは餌付けショーの説明があり、スタッフさんが魚にあげるなんて勿体無いだろ~くらいに美味しそうなサーモンの切り身だったり、緑色のコイのえさみたいなものをばら撒くとナポレオンフィッシュだとか大きめな魚がジャンプしてエサの取り合いをするんです。 それが迫力満点で面白かったです。 カモメちゃん達も準備万端! この時間になるとエサをもらえるって知っているからですね~ 小さめな綺麗な色のお魚ちゃん達もいっぱいいて可愛かったな。 陸から見るとどんなサイズの魚だって可愛く見えるわ(あはは)。
b378a2f9.jpeg9ac6a2bd.jpeg
5c004246.jpeg4c9f173c.jpeg
サメまでキタ~!!! 餌付けのトコでシュノーケルしている方たちが奇声を上げてました。 そりゃ恐かったろうね~ サメだもん(笑)。 それに魚に体当たりとかされてたと思うしね^^ 

この後ビーチに移動し、スパークリングワインやソフトドリンクを手に夕日が沈むのを眺めながらイゲちゃんと色々なお話をしました。 なんかいいよね~ こういうのって^^ めっちゃ幸せだっただな。
70681286.jpeg61875e57.jpeg
6b4f4cff.jpegeb854098.jpeg
a4e1558d.jpeg4c0bcf76.jpeg

拍手

今回のリフレッシュ休暇のテーマは「今までしたコトのないことをやってみよう!」とういうものでした。 基本的にインドア派の私は日焼けするのも苦手だし、運動とかにも殆ど興味がない(笑)。 趣味と言えば映画鑑賞やら観劇やらアイドルの追っかけ(死語)だもんね(笑)。

という訳で、先ずはビーチに降り立ち、シュノーケリングをしてみた。
s-P9100042.jpgs-P9100033.jpg
初めてウエットスーツを着たんですけど、もの凄く浮くものなんですね(笑)。 私の姿も相当浮いていたかもだけどね(自虐)。 さて、イゲちゃんにシュノーケリングのやり方を教えてもらって、海に入って(この入る作業でも四苦八苦。 フィンを付けたら後ろ向きに歩いて海に入るなんて知らなくて転がってたのね。 ライフセーバーのオージーが笑いながらレクチャーしてくれたよ(笑))ほんのちょっとだけ練習して泳ぎだしたら目の前にカメ! うそ~~~!!! でかいよ~~~~ 恐いよ~~~~!!! なんだよコレ マウスピースを口に咥えているのでブクブクさせながら叫んでましたね。 カメさんは自分のテリトリーなのでそれはそれは楽そうに泳いでましたよ。 海の中でぷかぷかと浮かびながらイゲちゃんに必死に「カメだったね~ 恐いね~」と訴えたら「恐いのはあなただけよ。 普通は感激して喜ぶのに!」とか言われてしまった(笑)。 「そ・・・そういうものなのか・・・」と気を取り直してもう一度泳ぎ始めたらまたもや違うカメさんに遭遇。 「もうヤダ~~~ 恐いよ(涙)」と海中でフリーズしたけどイゲちゃんは楽しそうにカメと触れ合いたいのか向こうに行っちゃうの。 海でひとりきりになっちゃうなんてとても耐えられないので、必死でイゲちゃんを追いかけましたよ(汗)。 海の中ではアウェイ感でいっぱいの私 しかも大小あわせたお魚ちゃん達が結構いて、私をからかうかのように私の周りを泳いだりするのでもう、恐くて恐くて仕方なかったですぅ(笑)。

グリーン島にはカメが250匹くらい生息しているそうなので結構な確立であえるとは思うんですけど、他の観光客さんに「カメなら10分もしないで遭遇しましたよ。 もう、カメの大安売りですよね」とか言うと本当に羨ましがられたので、実は結構貴重な体験だったのかもですね。 カメと一緒に泳ぎたくてこの島にいらした方もいるようなので、全く有難味のないヤツがこんなにあっけなくカメにあうことが出来ちゃってちょっと申し訳なかったですね。。。 

えっと・・・
s-P9100032.jpgs-P9100031.jpg
この姿でビーチにいるだけで色の真っ白い白人さん達に死ぬほど笑われ写真を撮らせて欲しいといわれました。 この年でフォトジェニック賞貰えそうな勢いだったぜ(殴)。 私の日焼け対策と白人達の日焼けしたいという欲求は方向は違えど同じ位の熱意だと思う(真剣)。



それにしてもシュノーケリングのセットが映っている写真が1枚もないのは如何なものか(苦悩)。



拍手

2泊3日のグリーン島でお世話になったのは、この島唯一のホテル『グリーンアイランドリゾート』です。 このホテルはヤバイくらいに良かったです。 昼間は観光客がいっぱい訪れ、実に賑やかな島なのですが、16時の船が出た後はホテル宿泊者の数十名しかこの島にはいないのです。 夕刻からは静かでゆったりとした時間が流れる感覚に贅沢気分を味わうことが出来て「あ~リフレッシュ休暇してるよ、私」と最高の気分でした。

先ずはチェックインからスタート。 日本人の親切なお姉さんが対応してくれたので不安材料一切なし(笑)。 金曜日だからお部屋の空きも多かったのかな? 幸運にもその場(9:30am)でお部屋に案内してもらえました。 荷物もすぐに部屋に届けてもらえたのでちょっとだけベッドでゴロゴロした後、水着に着替えてビーチに出かけました。

私たちのお部屋はNo.46。 
2階なので廊下を抜けて階段を上がります。
ccba864f.jpeg5f673a3f.jpeg
47cafe2a.jpeg323a9081.jpeg
413541cd.jpeg137feab5.jpeg

お部屋はこんな感じ・・・
a60193f3.jpega5fa945a.jpeg
21156947.jpeg4c6ddd9d.jpeg
天上も高く開放感いっぱい! ゆったり大きめのセミダブルベッドがかなり嬉しい。 そしてお洒落な間接照明に「やっぱり新婚旅行向きだよね」と項垂れるわたしたち(爆)。 小さなベランダの向こうはプールです。 帰りに少しだけ入ったけど深さ2メートルとかってちょっと深すぎるだろ~!!! このベランダでは水着姿でランチしたり、濡れたウェットスーツを乾かしたりと大活躍の場でもありました。
s-P9100023.jpg8fb0f88e.jpeg
03359aa9.jpeg5958783c.jpeg 
浴槽とシャワールームが別でした。 照明もヒトデがモチーフになっていて可愛いし、アメニティも充実で必要なものは全て揃ってますね。

宿泊者特典としては、ビーチ用の青いバスタオルが何枚でも何度でも貸し出しOK! ビーチではパラソルとデッキチェアーも勿論無料。 それからお魚ちゃん達が気持ち悪い位見られる海中展望台と沖縄でも体験したグラスボートに乗ることも出来ました。 スタッフはオージーが殆どなのだけれど、日本語を使ってくれるスタッフも多いので困ることなんて少しもなかったですよ(笑)。

というわけで、グラスボートの写真もUPしましょうか。
4b82bccc.jpegs-P9100022.jpg
3e325a96.jpega4b213e0.jpeg
桟橋を渡ってグラスボート乗り場に到着。 
陽気な船長さんと人相の悪いカモメちゃんと一緒にお魚ちゃんのいるポイントへGO!
25d383ea.jpeg1a7f274f.jpeg
dd1b29e4.jpeg62392e04.jpeg
写真だとイマイチだけど、天気に恵まれ透明度も高いので珊瑚だったりお魚だったりがいっぱい見れました。 途中で餌付けタイムもあるので元気あふれる生命体を前に歓声(悲鳴)があがる場面(爆)もあって盛り上がったわ(笑)。

30分くらいのグラスボートの後に海中展望室に行きました。
せまくて汚いんだけど、ありえないくらいの種類と量の魚が見られましたね。 ここはではエサは何もあげていなくて、自然の状態で魚が住んでいるとういのがウリらしいです。 若かりし頃のエリザベス女王陛下も見学にこられたそうですよ^^
cae04c1d.jpeg9102d021.jpeg
ちゃんと映ってないけどニモ(カクレクマノミ)もいたよ^^

拍手

ブログ内検索
プロフィール
HN:
caramel7
性別:
女性
趣味:
よく食べて寝て遊ぶコト
自己紹介:
CURURUで2年程blogをやっていたのですが、そこが閉鎖になるのでこちらに引っ越してきました。閉鎖に追い込まれたのは実は2つ目なので、こちらが3度目の正直にならなぬよう祈るばかりです(笑)。
趣味は食べることと寝ること遊ぶコト。どちらかと言うまでも無くインドア派です(断言)。
「映画鑑賞」「宝塚」を始めとする観劇、それから「アジアのアーティスト」に興味があります。今、一番のお気に入りは「神話のドンワン」と「スーパージュニアのカンイン」です。
国内外の旅行にも時々出かけます。ここ最近はひたすら韓国旅行ばかりだったので、アジア脱出を目論んでます(笑)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/28 スマイル]
[11/04 oku]
[11/04 JunJun]
[10/25 oku]
[10/01 tenko]
バーコード
Mail
caramel7へのメールはこちらから
今日は何の日?
Copyright ©  ☆★☆らぶログ★☆★ All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]